NSCA-CPTとは【どんな人に向いてるの?】

スポンサーリンク

NSCA-CPTの特徴って?

費用や教材について詳しく知りたい!

どんな人に向いてるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・NSCA-CPTについて

・NSCA-CPTは、どんな人に向いているのか

このような内容について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

NSCA-CPTとは

NSCA-CPT

NSCA-CPTは、 NSCA(National Strength and Conditioning Association)が認定する資格です。

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

公式HPより引用

NSCA-CPTの認定には条件があります。

・NSCAジャパン会員であること

・満18歳以上であること

・高卒以上であること

・有効なCPR/AEDの認定者

有効なCPR/AEDの条件

・講習会の中に実技評価が含まれていること(オンラインのみのコースは不可)
・傷病者の対象が成人であること

*有効なCPR/AEDの条件か判断できない場合は、問い合わせるようにしてください。

NSCA-CPT資格取得のメリット

NSCA-CPT資格取得のメリットは2つあります。

・国際的にも信頼度の高い認定資格を日本語で受験できる

・コンピュータ試験で試験会場や日時を選べる

NSCAの資格認定者数は、全世界で46,000人を超えているほど普及している資格です。

信頼度の高い資格を日本語で受験できるので、パーソナルトレーナーを目指すなら、取得しておきたい資格になります。

試験自体もコンピュータベース試験なので、自分が希望する会場や日時を選ぶことができます。

NSCA-CPT資格取得にかかる費用

NSCA-CPTの取得にかかる費用は、46,000円(税込)です。

筋トレに関する資格の費用と難易度を徹底比較

他の筋トレ関連の資格との費用を比較しました。

費用難易度
筋トレスペシャリスト34,100円かなり簡単
筋トレインストラクター10,000円かなり簡単
トレーニングサポーター10,000円かなり簡単
NSCA-CPT46,000円普通
JATI-ATI148,500円普通
NESTA-PFT57,500円〜普通

他の筋トレに関する資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

NSCA-CPTで使用する教材

「NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版」

多くの受験者が購入して勉強しています。

NSCA会員ならNSCAジャパンショップで11,880円で購入することができます。

NSCA-CPTの試験内容

NSCA-CPTの試験時間は3時間です。

コンピューターでの試験で3つの選択肢から選ぶ方式です。

合格率は75%程度なので、しっかり勉強すれば合格することはそう難しくはないです。

NSCA-CPTの出題範囲

NSCA-CPTの出題範囲は4個の項目です。

1. クライアントに対する面談と評価
2. エクササイズテクニック
3. プログラムプランニング
4. 安全性、緊急時の手順、法的諸問題

NSCA-CPTの資格取得が向いている人

NSCA-CPTの資格取得が向いている人

NSCA-CPTの資格取得が向いている人はこちらです。

・パーソナルトレーナーとして働きたい人

・できるだけ費用を節約したい人

パーソナルトレーナーとして働きたい人は、まずは、NSCA-CPTの資格を取得することを目指しましょう。

同じように国際的に知名度のある「NESTA-PFT」よりも費用は安く済むので、出来るだけ費用を節約したい方にも、おすすめできます。

NSCA-CPT:まとめ

特徴・コンピュータベース試験
・有効なCPR/AEDが必要になる
・パーソナルトレーナーになりたい人におすすめ
受験費用(税込)46,000円
教材費用11,880円

パーソナルトレーナーとしての経験がない場合は、パーソナルトレーナースクールに通うのがおすすめです。

おすすめのパーソナルトレーナースクールについては、こちらの記事をご覧ください。

専門学校などに通うよりも、スクールなら格安で通うことが出来るので、おすすめです。

コメント