NSCA-CPTとNESTA-PFTの違い|どちらを受験すべき

スポンサーリンク

NSCA-CPTとNESTA-PFTの違いは?

どちらを受験すればいいの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・NSCA-CPTとNESTA-PFTの違いを徹底解説

・どちらを受験すればいいの?

こんな内容について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

NSCA-CPTとNESTA-PFTの違い・比較

NSCA-CPTとNESTA-PFTの違い

NSCA-CPTとNESTA-PFTの費用の違い

NSCA-CPTは1つのみですが、NESTA-PFTは3つのコースによって費用が変わります。

ダイレクトコース

次の条件を1つ以上満たしている必要があります。

  • 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
  • 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
  • 体育系または、医療系の大学・専門学校を卒業している

費用は以下の通りです。

ダイレクトコースNSCA-CPTNESTA-PFT
会員入会費13,200円なし
テキスト購入任意:11,880円必須:13,600円
事前講習受講料なし15,000円
受験料46,000円7,500円
受験・資格登録手数料なし36,400円
合計(税込)59,200円72,500円

ゼミコース

ダイレクトコースの条件に満たない人は、ゼミコースとwebコースを選択することができます。

ゼミコースは『4日間のロングコース』と『2日間のショートコース』の2つから選択できます。

ゼミコース費用は以下の通りです。

ゼミロングコースNSCA-CPTNESTA-PFT
会員入会費13,200円なし
テキスト購入任意:11,880円必須:13,600円
ゼミ受講料(4日間)なし96,000円
事前講習受講料なし15,000円
受験料46,000円7,500円
受験・資格登録手数料なし36,400円
合計(税込)59,200円168,500円
ゼミショートコースNSCA-CPTNESTA-PFT
会員入会費13,200円なし
テキスト購入任意:11,880円必須:13,600円
ゼミ受講料(2日間)なし48,000円
事前講習受講料なし15,000円
受験料46,000円7,500円
受験・資格登録手数料なし36,400円
合計(税込)59,200円120,500円

webコース

webコースの費用は以下の通りです。

webコースNSCA-CPTNESTA-PFT
会員入会費13,200円なし
テキスト購入任意:11,880円必須:13,600円
webコース受講料なし35,000円
事前講習受講料なし15,000円
受験料46,000円7,500円
受験・資格登録手数料なし36,400円
合計(税込)59,200円107,500円

NSCA-CPTとNESTA-PFTの受験条件の違い

NSCA-CPTとNESTA-PFTの受験条件の違いは以下の通りです。

NSCA-CPTNESTA-PFT
NSCAジャパン会員である日本国籍または、日本で就労可能な在留資格を有するもの
満18歳以上で高卒以上の者満18歳以上で高卒業以上の者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者
有効なCPR/AEDの認定者
証明書の提出が必要
CPR・AEDの技能に関して定期的なトレーニングを積んでいる(資格認定を受けていることが望ましい)
証明書の提出は必要なし

NSCA-CPTとNESTA-PFTの試験の違い

NSCA-CPTとNESTA-PFTの試験の違いは以下の通りです。

NSCA-CPTNESTA-PFT
試験方法コンピューター上での試験
(試験会場は、複数場所から選択可能)
回答は3択の選択式
指定の会場で試験
回答は4択の選択式
試験時間3時間2時間
合格基準正答率70%以上正答率80%以上

NSCA-CPTとNESTA-PFTの資格有効期間の違い

NSCA-CPTとNESTA-PFTの資格有効期間の違いは以下の通りです。

NSCA-CPTNESTA-PFT
3年ごとの一律の有効期限4年の有効期間

NSCA-CPTとNESTA-PFTどちらを受験すればいいの?

NSCA-CPTとNESTA-PFTどちらを受験すべきか

結論として、『NSCA-CPT』がおすすです。

理由は、費用が格段に安いという点です。

この2つの資格の違いで、就職が有利になったり不利になったりすることは、ほとんどありません。

他の筋トレに関する資格は、こちらをご覧ください。
>>筋トレに関する資格6選


NSCA-CPTとNESTA-PFTの資格を持っていても、知識があることの証明にしかなりません。

実際にパーソナルトレーナーとして活躍するには、実技も必要になってきます。

パーソナルトレーナー業界が全くの初心者の方は、トレーナースクールに行って、知識や実技を学ぶことがおすすめです。

パーソナルトレーナースクールでは、資格取得率100%サポートや就職サポートがあるので、初心者の方はメリットしかありません。

専門学校に通うよりもかなり格安で通うことができます。

コメント