自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスを徹底比較

スポンサーリンク

自転車、サイクリング雑誌を読み放題するならどこがおすすめなの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・自転車、サイクリング雑誌を読み放題するなら楽天マガジンがオススメ

このような内容について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するなら楽天マガジンがオススメ

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するなら「楽天マガジン」がオススメです。

楽天マガジンで読める雑誌は以下の通りです。

・BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ)

また楽天マガジンでは、最新号だけでなく、バックナンバーも読み放題することができます。

自転車・サイクリング雑誌を読み放題のバックナンバー

「バイシクルクラブ」のバックナンバーの数は、12冊です。

バックナンバーの数は雑誌によって異なるので注意してください。

楽天マガジンの特徴

楽天マガジンの特徴
料金プラン月額プラン:418円
年額プラン:3,960円(月額プラン年間1,056円お得)
無料期間初回31日間
雑誌数500誌以上
(サイクリング雑誌1誌)
ジャンル・週刊誌
・ファッション誌
・スポーツ誌
・家電、ガジェット系
・グルメ、トラベル
・ビジネス、経済
など、全11ジャンル
利用可能台数1アカウント5台まで
支払い・クレジットカード
・楽天ポイント

楽天マガジンでは、月額418円で読み放題を楽しむことができます。
年額プランにすれば、年間で1,056円も月額プランよりもお得に利用できます。

初回31日間無料なので、ぜひ試してみてください。

年額プランだと、途中解約しても料金の払い戻しはありません。

ちょっと試してみたいと思った人は、月額プランで契約しましょう。

月額プランなら、初月で解約してしまえば料金は発生しません。

楽天マガジンの特徴として、雑誌数が豊富なことです。

サイクリング雑誌だけでなく、ファッション誌なども定額で読み放題することができます。

月額418円で500誌以上を楽しめるのが魅力です。

さらに、楽天マガジンの料金の支払いは、楽天ポイントでも可能です。

楽天マガジンを利用することで、楽天ポイントを貯めることもできるので、もっとお得に利用することができます。

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスを徹底比較

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスを徹底比較

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスを徹底比較しました。

今回の対象の読み放題サービスは、「楽天マガジン」、「dマガジン」、「Tマガジン」の3つの大手のサービスです。

以下の2つの項目で比較しました。

・ラインナップ

・価格

1つ1つ見ていきたいと思います。

自転車・サイクリング雑誌を読み放題のラインナップ

自転車・サイクリング雑誌を読み放題のラインナップは以下の通りです。

楽天マガジンdマガジンTマガジン
BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ)
Cycle Sports(サイクルスポーツ)×××

ラインナップから見ると、自転車・サイクリング雑誌の読み放題するなら、どこのサービスも変わりません。

バイシクルクラブ

バイシクルクラブの読み放題

バイシクルクラブは、競技としての自転車だけでなく、ツールとしての自転車を取り上げている自転車専門雑誌です。

バイシクルクラブは、月1回発行されている自転車専門雑誌です。

初心者からマニアまで楽しめる内容になっています。

新商品の紹介などもあるので、自転車に興味がある人は、ぜひチェックしておきたい雑誌です。

また電子書籍ではなく、「バイシクルクラブ」を紙の雑誌で読みたい人には、お得に購入できる方法があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

サイクルスポーツは読み放題サービスで読める?

サイクルスポーツは読み放題サービスで読めるのか

サイクルスポーツは、日本で一番売れている自動車専門雑誌です。

2020年3月現在、サイクルスポーツは読み放題サービスとしては、どこのサービスでも読むことはできません。

定期購入するのが、お得に購入できる方法です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

自転車・サイクリング雑誌を読み放題の価格

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスの価格は、以下の通りです、

楽天マガジンdマガジンTマガジン
月額契約418円440円440円
年額契約3,960円(月額より1,056円お得)なしなし
無料期間初回31日間初回31日間初回1ヶ月

価格の面から見れば、「楽天マガジン」が最強です。

\\初回31日間無料で試せます//

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するメリット・デメリット

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するメリット・デメリット

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するメリットとデメリットの両方があります。

メリットとデメリットを分けて紹介します。

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するメリット

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するメリットは、3つあります。

・かさばらない

・持ち運びが楽

・定額で複数のサイクリング雑誌を読める

1つ1つ見ていきたいと思います。

メリット①かさばらない

自転車雑誌の読み放題のメリットはかさばらない

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスにしてしまえば、実際に紙の自転車・サイクリング雑誌を購入する必要がなくなります。

本屋さんに出掛けに行って購入しなくても、販売当日に電子書籍としてスマホやタブレットで読むことができます。

電子書籍としてタブレットやスマホで読むことができるので、本棚が必要なくなります。

保管場所に悩んだり、かさばることがなくなるので、収納スペースも増えて部屋もスッキリします。

メリット②持ち運びが楽

自転車雑誌の読み放題のメリットは持ち運びが楽

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスなら、持ち運びが楽になります。

スマホやタブレットさえあれば、どこでも持ち運ぶことができます。

わざわざ重たい雑誌を持ち運ぶ必要がなくなり移動が楽になります。

また、読み放題サービスなら、ダウンロードしてオフラインでも読むことができます。

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、オフラインで読めるので、通信制限など気にする必要なしです。

通勤中や通学中などの空いている時間で読むことができるので、時間の有効活用もできます。

スキマ時間に、スマホやタブレットさえあれば、どこでも読むことができるのが、メリットです。

メリット③定額で複数のサイクリング雑誌を読める

自転車雑誌の読み放題のメリットは定額で複数のサイクリング雑誌を読める

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスなら、サイクリング雑誌を何冊読んでも料金は変わりません。

オススメの楽天マガジンなら月額418円で、サイクリング雑誌を読み放題することができます。

紙の雑誌で、複数の雑誌を読もうとすると、その分費用がかかってしまいます。

定額で、様々な自転車・サイクリング雑誌を読むことができるのは、かなりお得になります。

さらに、楽天マガジンでは、サイクリング雑誌の読み放題だけでなく、ファッション誌や、週刊誌なども月額418円で読み放題です。

サイクリング好きなら使わないと損です。

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するデメリット

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するデメリットは、3つあります。

・すべてのページを読めるわけではない

・ずっと読めるわけではない

・スマホだと読みにくい

1つ1つ見ていきたいと思います。

デメリット①すべてのページを読めるわけではない

自転車雑誌の読み放題のデメリットはすべてのページを読めない

自転車・サイクリング雑誌を読み放題するデメリットとしては、すべてのページが読める訳ではないことが挙げられます。

雑誌によって変わりますが、著作権の関係などで選手の写真の部分などがたまに編集されていて見れない場合があります。

また雑誌の懸賞ページなどもないことがあったりするので、全て読むことができないということは知っておいてください。

デメリット②ずっと読めるわけではない

自転車雑誌の読み放題のデメリットはずっと読めるわけではない

読み放題サービスで配信されている雑誌には、配信終了日があります。

配信終了日を過ぎてしまうと、その号が読めなくなってしまいます。

お気に入りの記事などが、読めなくなってしまうことがないようにしましょう。

デメリット③スマホだと読みにくい

自転車雑誌の読み放題のデメリットはスマホだと読みにくい

自転車・サイクリング雑誌では、迫力のある写真などが多いですが、スマホだと読みにくいと感じる場合があります。

最近のスマホは、画面が大きくなってきたので多少改善されましたが、電子書籍としてサイクリング雑誌を読み放題する場合には、タブレットをおすすめします。

iPadやFireタブレットなら持ち運ぶことも簡単で、画面も大きいのでストレスなく読むことができます。

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービス:まとめ

自転車・サイクリング雑誌の読み放題サービスのメリット・デメリットを見てたら、分かると思いますが、損することは、ほとんどありません。

ラインナップ・価格の面から「楽天マガジン」が最強です。

初回31日間は無料なので、ぜひ試してみてください。

料金プラン月額プラン:418円
年額プラン:3,960円(月額プラン年間1,056円お得)
無料期間初回31日間
雑誌数500誌以上
(サイクリング雑誌1誌)
ジャンル・週刊誌
・ファッション誌
・スポーツ誌
・家電、ガジェット系
・グルメ、トラベル
・ビジネス、経済
など、全11ジャンル
利用可能台数1アカウント5台まで
支払い・クレジットカード
・楽天ポイント
\\初回31日間無料で試せます//

コメント